logo

NTTドコモ、破裂の恐れある電池パック17個を一部店舗で販売--配送ミスが原因

エースラッシュ2007年08月01日 21時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは8月1日、異常発熱や破裂の恐れがある電池パック「D06」17個を、配送ミスで一部の店舗で販売した可能性があると発表した。

 今回販売された可能性があるのは、三菱電機製携帯電話「D902i」「D902iS」「D903i」に対応した電池パック「D06」の不具合対象品。

 D06は同社が2006年12月7日に「異常発熱し、場合によっては破裂するおそれがある」と発表していた製品だが、不具合対象品の新品在庫が商品配送センターで混入し、1月30日から6月15日の間にドコモショップ2店舗で販売した可能性があるという。

 同社では対応機種を利用中のユーザーに対し、電池パックの確認を呼び掛けている。対象となるのは1月30日から6月15日の期間中、ドコモショップ大森ベルポート店(東京都品川区)とドコモショップ蒲田店(東京都大田区)で、三菱電機製「D902i」「D902iS」「D903i」を新規契約か機種変更で購入、もしくは電池パック「D06」を単品で購入したユーザー。不具合対象品は、電池パック貼付されているラベルのアルファベット3桁が「PEA」のものだ。

 同社では新聞紙上でお詫び広告を掲載するとともに、同社サイトとiモードの「お知らせ」にて告知、期間中に該当ドコモショップでD902i、D902iS、D903iを購入したユーザーにダイレクトメールでお知らせを送っているという。なお、電池パック「D06」サポートセンター(0120-197-090)も9月30日まで開設されている。

-PR-企画特集