logo

フォトレポート:米陸軍が構想する最新ハイテク軍事兵器 - 3/13

CNET News.com Staff2007年05月29日 20時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5月に行われたFCSのイベントでは、兵士がClass I UAVの操作デモを行った。この無人偵察機は、ターゲットを探し出し、非直接照準(NLOS)兵器で交戦することができるという。この支出法案は下院で最初に議論された。支出法案では米国国防総省全体の予算を6500億ドル以下になるよう設定している。新聞などの報道によると、このため、FCSの予算はおよそ8億7600万ドルまで削減されたという。しかし、上院軍事委員会が先週後半にこの予算案に対し、武装ロボット車(ARV)に対し900万ドル、そのほかのシステムに2500万ドルを追加するよう修正した。この予算案は6月初めに上院本会議で議論される予定だ。
Scroll Right Scroll Left

 5月に行われたFCSのイベントでは、兵士がClass I UAVの操作デモを行った。この無人偵察機は、ターゲットを探し出し、非直接照準(NLOS)兵器で交戦することができるという。この支出法案は下院で最初に議論された。支出法案では米国国防総省全体の予算を6500億ドル以下になるよう設定している。新聞などの報道によると、このため、FCSの予算はおよそ8億7600万ドルまで削減されたという。しかし、上院軍事委員会が先週後半にこの予算案に対し、武装ロボット車(ARV)に対し900万ドル、そのほかのシステムに2500万ドルを追加するよう修正した。この予算案は6月初めに上院本会議で議論される予定だ。

提供:Eamonn Bourke/U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]