logo

フォトレポート:米陸軍が構想する最新ハイテク軍事兵器

CNET News.com Staff2007年05月29日 20時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国防省では、ハイテクシステムに関する膨大な予算や注目の技術プロジェクトは海軍や空軍に割り当てられることが多く、陸軍は資金が乏しくなる傾向にある。そんな陸軍は、進歩するロボット工学や高速ネットワークといった分野を活用しようと期待を寄せている。Future Combat Systems(FCS)という陸軍最大の近代化プロジェクトは4年目になり、センサや小型無人飛行機、有人および無人で動く陸上車両などハイテク装置群を構想している。これらはすべてネットワークで接続され、個々の兵士らと繋がっている。写真は同プロジェクトの無人偵察機「Class I UAV」を使った最近の訓練場面である。UAVは、戦地で兵士が偵察や監視、目標補足する際に支援することを目的とされている。FCSシステムの開発スケジュールは今後10年をかけて広げていくことになっているが、陸軍は早くも10月から始まる2008会計年度には、コンポーネントのいくつかを配備したい意向だ。
Scroll Right Scroll Left

 米国防省では、ハイテクシステムに関する膨大な予算や注目の技術プロジェクトは海軍や空軍に割り当てられることが多く、陸軍は資金が乏しくなる傾向にある。そんな陸軍は、進歩するロボット工学や高速ネットワークといった分野を活用しようと期待を寄せている。Future Combat Systems(FCS)という陸軍最大の近代化プロジェクトは4年目になり、センサや小型無人飛行機、有人および無人で動く陸上車両などハイテク装置群を構想している。これらはすべてネットワークで接続され、個々の兵士らと繋がっている。写真は同プロジェクトの無人偵察機「Class I UAV」を使った最近の訓練場面である。UAVは、戦地で兵士が偵察や監視、目標補足する際に支援することを目的とされている。FCSシステムの開発スケジュールは今後10年をかけて広げていくことになっているが、陸軍は早くも10月から始まる2008会計年度には、コンポーネントのいくつかを配備したい意向だ。

提供:U.S. Army

 米国防省では、ハイテクシステムに関する膨大な予算や注目の技術プロジェクトは海軍や空軍に割り当てられることが多く、陸軍は資金が乏しくなる傾向にある。そんな陸軍は、進歩するロボット工学や高速ネットワークといった分野を活用しようと期待を寄せている。Future Combat Systems(FCS)という陸軍最大の近代化プロジェクトは4年目になり、センサや小型無人飛行機、有人および無人で動く陸上車両などハイテク装置群を構想している。これらはすべてネットワークで接続され、個々の兵士らと繋がっている。写真は同プロジェクトの無人偵察機「Class I UAV」を使った最近の訓練場面である。UAVは、戦地で兵士が偵察や監視、目標補足する際に支援することを目的とされている。FCSシステムの開発スケジュールは今後10年をかけて広げていくことになっているが、陸軍は早くも10月から始まる2008会計年度には、コンポーネントのいくつかを配備したい意向だ。

-PR-企画特集