logo

フォトレポート:米陸軍が構想する最新ハイテク軍事兵器 - 2/13

CNET News.com Staff2007年05月29日 20時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ちょうど米国議会が2008会計年度国防権限法の協議に取りかかる5月中旬、ワシントンD.C.ではClass I UAVが展示されていた。FCSは、2008会計年度の予算として37億ドルを要求している(合計コストは最終的に約1620億ドルになると予想されている)。しかし、このプロジェクトは、コストと、技術的な実現可能性の両面から批判を受けている。注目は、個々のコンポーネントが予期していたとおりに機能するかどうかだけではなく、ネットワークを使用して作業の調和を取るというFCSの目標をどれだけ達成できるかだろうかという点にも集まっている。
Scroll Right Scroll Left

 ちょうど米国議会が2008会計年度国防権限法の協議に取りかかる5月中旬、ワシントンD.C.ではClass I UAVが展示されていた。FCSは、2008会計年度の予算として37億ドルを要求している(合計コストは最終的に約1620億ドルになると予想されている)。しかし、このプロジェクトは、コストと、技術的な実現可能性の両面から批判を受けている。注目は、個々のコンポーネントが予期していたとおりに機能するかどうかだけではなく、ネットワークを使用して作業の調和を取るというFCSの目標をどれだけ達成できるかだろうかという点にも集まっている。

提供:Eamonn Bourke/U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]