ヤッターマンが実写化--インデックスHDなど共同のコンテンツ展開で出資組合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックス・ホールディングス(インデックスHD)と、タカラトミー 、竜の子プロダクション(タツノコプロ)は4月10日、3社による共同出資の新組合「TCC有限責任事業組合(LLP)」を設立した。

 新組織の設立にあたっては、それぞれが保有するIP(Intellectual Property)を積極的に活用し、新事業の展開を目指す3社の目標が一致。新組織を中心に実写・アニメのリメイクを問わず、効率的に新規映像化のプランニングや、許諾業務が行われる。

 具体的には、タツノコプロの優良なIPを基に、映像製作を行い、派生する商品やゲーム、さらにはモバイルでの映像配信などの事業について、インデックスグループ、とタカラトミーグループがそれぞれの強みを活かし、幅広い商品展開をするための体制を作り上げていく。

 また、今回の新組織設立を通じて、タツノコプロが著作権を保有する往年の人気アニメーション「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」の実写映画化が決定。今後は、映画から派生する商品やゲーム、モバイルでの映像配信などの事業をインデックスグループを中心に展開していく方針。

 なお、「ヤッターマン」は三池崇史監督の指揮で製作され、2009年春に公開される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加