logo

松下、騒音を約92%カットするノイズキャンセリングヘッドホンなど3種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は3月20日、騒音を軽減するノイズキャンセリング機能を搭載したステレオヘッドホン3種を4月20日に発売すると発表した。価格はすべてオープンで、実勢価格は、密閉型の「RP-HC500」が1万8000円前後、「RP-HC150」が5000円前後、カナル型の「RP-HC30」が 7000円前後の見込み。

 全モデルに周囲の騒音を抑えるノイズキャンセリング機能を搭載。内蔵マイクで収音した騒音を逆位相で再生して耳元で打ち消し、「RP-HC500」は約92%、「RP-HC150」「RP-HC30」では約75%騒音を軽減できるという。

 「RP-HC500」は、左右のハウジングを約90度回転し、折りたたんでキャリングケースに収納可能な密閉型ヘッドホン。パッド部分には、湿気をコントロールでき、本皮革に近い質感を持つプロテインレザーを使用した。カラーはシルバー。「RP-HC150」も同じく密閉型の折りたたみ式で、ヘッドバンドを折りたたんでコンパクトにまとめられる。カラーはグレー。

 一方「RP-HC30」はカナル型で、手元で音量調節ができるボリューム付きコントローラーを装備する。また、モニターボタンを押している間、ヘッドホンをしたまま周囲の音を聞くことができるモニター機能も搭載する。カラーはホワイト。

 いずれも高磁力ネオジウムマグネットを採用し、「RP-HC500」と「RP-HC150」は直径40mm、「RP-HC30」は直径10.7mmのドライバーユニットを搭載する。電源は単4形乾電池1個を使用。航空機用のプラグアダプターも付属する。

松下電器産業=http://panasonic.co.jp/
「RP-HC500」
「RP-HC150」
「RP-HC30」

-PR-企画特集