logo

バーチャル企業を成功させるためのユーティリティツールとは - (page 3)

文:Alex Iskold、RichardMacManus 翻訳校正:吉井美有2007年03月20日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コードリポジトリ

 お勧め:CVSDude/他の選択肢:SourceHostingVersion Host

CVSDude

 ソフトウェア開発事業を行っている場合、ソースコードのバージョン管理システムが必要だ。リポジトリを会社のコンピュータで動かしたりすでに持っているウェブホスティングに任せたりすることもできるが、物事を確実に正しく進めるには専門のオンラインサービスを使う方が望ましい。

 この目的では、バージョン管理システムのCVSかSubversionを使うのが一般的だ。どちらも並行開発環境でコードを管理する強力な手段を提供してくれる。他方、ホスティング会社はすぐにでも使えるソリューションを提供している。これには、コード管理サーバのほかに開発者アカウント管理システムとバグ追跡システムが含まれている。最近のほとんどのIDE(統合開発環境)はバージョン管理をサポートしているため、設定は簡単だ。費用はストレージ空間の大きさとシステムを同時に使うユーザーの数によって変わる。

バックアップ

 お勧め:ElephantDrive/他の選択肢:JungleDiskMozy

ElephantDrive

 個人の情報であれ、会社の情報であれ、安全なほうがよいに決まっている。わたしが若いころには、データ喪失などで1日も無駄にすることはできなかった。幸運にも、今では限られた予算内ですぐに実現できるオンラインバックアップソリューションがある。ElephantDriveはAmazon S3ストレージをベースにしたバックアップソリューションを提供する新企業だ。直感的なユーザーインターフェースを採用しており、バックアップしたいファイルやディレクトリを指定できる。その後はそのまま動作して、ユーザーのファイルをS3にバックアップする。

ElephantDrive

 バーチャル企業では、コンピュータ同士はネットワークされていないことが多い。このため、バックアップソリューションはコンピュータごとに実現する必要がある。このような利用形態をサポートするために、ElephantDriveは電子メールで入手可能な企業向けの特別割引を提供している。ただし、このサービスではわれわれが慣れているような企業の共通ディレクトリ構造などは提供されない。将来この機能が提供されれば、バーチャルチームにとっては素晴らしいことだろう。

会計・給与計算

 お勧め:QuickBooks/他の選択肢:IntAcctKeep More

QuickBooks

 最後のカテゴリーは会計と給与計算だ。最後に取り上げるが、これが最小の問題だというわけではない。財務上の問題はむしろ複雑だ。連邦法と規制の複雑さに加え、州(そして国)でも微妙に違いがあり、非常に厄介なことになる可能性がある。この分野では、専門家である会計士を雇うのがよい考えだ。よいニュースとしては、QuickBooksのようなオンラインサービスがこの問題を大きく軽減してくれていることが挙げられる。

 パッケージはニーズによって価格面でも機能面でも様々だ。基本的なパッケージには給与計算と銀行への直接振り込み機能は含まれていないが、これこそほとんどの人が欲している機能だろう。QuickBooksは複雑だが、包括的なソフトウェアだ。オンラインバージョンはオフラインのバージョンよりも使いやすいように見える。オンラインバージョンはすべての銀行とクレジットカードの口座に接続でき、請求書を発行し、支払いを行い、コンサルタントや従業員の管理をすることが可能だ。

結論

 バーチャルチームに関する技術が、これだけ短い時間でここまで充実したものに進化してきたのは素晴らしいことだ。ロジスティクスやコストの面で、バーチャル企業を運営するのは数年前には非常に難しいことだった。しかし、この記事で紹介したツールのようなものが全体で新しい種類の企業への扉を開く。小さくて素早く、バーチャルな企業だ。それらの企業はこの新しいコミュニケーションツールの波によって可能になり、基盤整備の費用は大幅に下がっている。

 それに加えて、バーチャル企業の社員は幸せだ。彼らは移動に時間を費やす必要もなく、ガソリン代も節約でき、資源を節約し、そしておそらく最も重要なのは、家族と過ごす時間を多く持てることだ。在宅勤務はあまり深遠な問題ではなく単純な技術の応用かもしれないが、新しい流れの始まりであり、将来、われわれのほとんどが働き、コミュニケーションを取る方法になる。読者がどう思われるかを聞かせていただきたい。そして、在宅勤務の場合でも、企業環境の中ででも、読者が使っているバーチャルオフィスツールについて教えてほしい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]