HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー「DIGA」5機種--4月から順次発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は3月1日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載し、デジタルハイビジョン放送を高画質で録画・再生できる、HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」の新シリーズを4月1日から順次発売すると発表した。

 発売される新機種は、HDD内蔵タイプのDMR-XW51、DMR-XW31、DMR-XP11の計3機種と、VHS一体型タイプのDMR-XW41V、XP21Vの計2機種の合計5機種。高画質回路技術「美画質エンジン」の搭載により、ノイズを抑えた高画質ハイビジョンの録画・再生を実現した。

 また、好みのジャンルだけを表示し、録りたい番組の検索が簡単な「ジャンル別番組表」や、新番組の第1話目を自動で録画してくれる「新番組おまかせ録画」、リモコン1つで簡単に操作できる「VIERA Link」対応など、使いやすさに徹底してこだわり、初心者でも安心して使えるよう工夫した。ジャンル別番組表は、業界初の機能という。

 さらに、DMR-XW51、XW31、XW41Vでは、接続したテレビでデジカメ写真を楽しめる「テレ写」に加え、「音楽保存・再生」にも対応。好きな音楽を聴きながら、写真を楽しむことも可能という。各機種のスペックは以下の通り。

  • DMR-XW51
    HDD容量:1テラバイト オープン価格
    発売日:4月1日
  • DMR-XW31
    HDD容量:500Gバイト
    オープン価格
    発売日:4月1日(本体ブラックは5月1日)
  • DMR-XP11
    HDD容量:250Gバイト
    オープン価格
    発売日:5月1日
  • DMR-XW41V
    VHS一体型
    HDD容量:500Gバイト
    オープン価格
    発売日:4月1日
  • DMR-XP21V
    VHS一体型
    HDD容量:250Gバイト
    オープン価格
    発売日:5月1日
DIGA5機種
  • このエントリーをはてなブックマークに追加