一番人気はDVDでもHD機ならまだテープ、媒体の棲み分け進むビデオカメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイビジョン対応が話題のデジタルビデオカメラ市場だが、記録メディアに何を使っているのかも、もう1つのトピックだ。10月第2週(10月9日-15日)の「BCNランキング」販売台数シェアでは、記録媒体にDVDを採用した従来画質のソニー「DCR-DVD505」が8.27%でトップを獲得した。背景には「フルハイビジョン(フルHD)対応の薄型テレビや次世代DVDの普及を視野に入れ、現状では従来画質タイプを買う人と、ハイビジョンでとにかくきれいに録画したい購入者に分かれている」(大手量販店店員)ことがあるようだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加