日本の著作権関係23団体・事業者の要請で、YouTubeが約3万の著作権侵害ファイルを削除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)や社団法人日本映像ソフト協会(JVA)をはじめとする日本の著作権関係の23団体および事業者は10月20日、YouTubeへの要請によって動画投稿サイトYouTubeから著作権侵害ファイルが削除されたと発表した。

 これは、YouTube上にテレビ番組をはじめとする膨大な量の日本の著作物が、著作権者、著作隣接権者の許諾がないままに投稿、掲載されている事態を重視し措置を講じたもの。関係権利者は10月2日から6日までの5日間を「YouTube対策強化週間」と定め、YouTubeに対し著作権侵害ファイルを削除するよう要請した。

 関係権利者は、これまでもYouTubeに対し、アメリカのデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて個々の削除を要請してきた。しかし、膨大な量の動画が次から次へと許諾のないままに投稿・掲載され続けていることから、今回の要請に至った。YouTubeは、対象となった合計2万9549ファイルのすべてを直ちに削除している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加