logo

UMPCの売れ行き、「鍵はニーズにマッチした市場の開拓」--米調査会社

文:Jo Best(Silicon.com) 翻訳校正:尾本香里、河部恭紀(編集部)2006年04月28日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが携帯型PC「Ultra-Mobile PC(UMPC)」を披露したときの、世間の評判は決して芳しくはなかった。しかし、アナリストらは、この小型端末に見合う市場が見つかるだろうと述べている。

 市場調査会社In-Statが発表した数字によると、携帯電話をしのぐデータセントリックなモバイル端末を求めるユーザーの需要が追い風となり、UMPCの出荷台数は2011年までに780万台に達する可能性があるという。

 In-Statでは小型タブレットが直面する課題として、バッテリ寿命がデバイスの機能に追いついておらず、適切なプロセッサが不足している点を挙げている。UMPC作りに力を入れてきたIntelとMicrosoftは、端末のバッテリ寿命を延ばせるように努力していると述べている。

 また同調査会社は、UMPCを売り込む際には、これが消費者の特殊なニーズに応えられることをアピールすることが必要だとも示唆している。「どの市場セグメントにも合う万能なソリューションなどないのだから」とIn-Statは述べている。

 サムスンが売り出す最初のUMPC「Q1」は、英国では6月1日に1440.86ドル(799ポンド)で売り出される。この端末は米国では5月1日に発売される予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集