logo

フォトレポート:ICタグでも接客可能--洋服の青山にて実証実験

藤本京子(編集部)2006年03月09日 22時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)と青山商事は3月9日、紳士服専門店「洋服の青山」池袋東口総本店にて、ユビキタスIDセンターが標準化を推進するICタグ「ucodeタグ」を利用し、生産から販売までの工程を一括管理するための実証実験を開始した。UNL所長で東京大学教授の坂村健氏が、店内に設置されたキオスク端末の横にスーツをかけると、端末にスーツの情報が表示された。
Scroll Right Scroll Left

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)と青山商事は3月9日、紳士服専門店「洋服の青山」池袋東口総本店にて、ユビキタスIDセンターが標準化を推進するICタグ「ucodeタグ」を利用し、生産から販売までの工程を一括管理するための実証実験を開始した。UNL所長で東京大学教授の坂村健氏が、店内に設置されたキオスク端末の横にスーツをかけると、端末にスーツの情報が表示された。

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)と青山商事は3月9日、紳士服専門店「洋服の青山」池袋東口総本店にて、ユビキタスIDセンターが標準化を推進するICタグ「ucodeタグ」を利用し、生産から販売までの工程を一括管理するための実証実験を開始した。UNL所長で東京大学教授の坂村健氏が、店内に設置されたキオスク端末の横にスーツをかけると、端末にスーツの情報が表示された。

-PR-企画特集