logo

JBoss、ArjunaおよびHPの分散トランザクション管理技術を買収

Dawn Kawamoto(CNET News.com)2005年12月06日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースミドルウェアに対する取り組みの強化を狙うJBossが、Arjuna TechnologiesおよびHewlett-Packard(HP)からトランザクション管理技術およびWebサービス技術を取得した。

 オープンソースソフトウェア企業JBossは米国時間5日、取得したプロプライエタリソフトウェアを同社の「JBoss Enterprise Middleware Suite」に組み込む計画を発表した。Arjunaは、現在は閉鎖されているHPのArjuna Labから3年前に派生した企業。

 JBossは今回、トランザクションエンジン「Arjuna Transaction Service Suite」と、Webサービス仕様2種をサポートするArjunaの「Web Services Transaction」技術を取得した。

 JBossによるこのたびの技術買収は、同社のオープンソースミドルウェアを強化する取り組みの最新の動きとなる。

 JBossの製品管理部門バイスプレジデントShaun Connollyは、「当社は、クラスタリング技術に取り組んだときや、ビジネスルールを中心としたオープンソースプロジェクトを立ち上げたとき、またプロプライエタリソフトウェアを取得してそのオープンソース化を行ったときと同じように、分散トランザクション管理技術の分野でも製品開発を進めている」と、声明の中で述べた。

 JBossでは、Arjuna Transaction Service SuiteおよびWeb Services Transactionを同社のオープンソースエンタープライズミドルウェアスイートの一部として、2006年第1四半期中にリリースする予定だという。また、ArjunaのチーフアーキテクトMark Littleが、標準仕様責任者としてJBossに加わるとされている。

 今回の買収の金額面に関する詳細は明らかになっていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集