ACCESS、中国独自の3G規格TD-SCDMA分野で中国企業と協業

ニューズフロント2004年07月05日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは、第3世代(3G)携帯電話向けサービスなどを提供する中国のDatang Mobile Communications Equipmentと、中国独自の3Gネットワーク方式であるTD-SCDMA分野で協業する。ACCESSが7月5日に明らかにしたもの。

 この合意により、両社は、TD-SCDMAネットワーク上でのエンドユーザー向けデータソリューションの仕様策定やビジネスモデル策案を行うほか、ブラウザやメッセージングソフトウェア、Java実行環境などのソリューションを端末メーカーに提供していく。

 なお、ACCESSの携帯端末向けウェブブラウザNetFrontはすでにDatangのTD-SCDMA対応LCR携帯電話に搭載されており、中国政府による3G試験サービスMTNETネットワーク上で動作確認が終了している。

ACCESSのプレスリリース
Datang Mobile Communications Equipment

  • このエントリーをはてなブックマークに追加