マイクロソフト、低価格の開発パッケージなどで技術者志望の学生を支援

ニューズフロント、早津優美(CNET Japan編集部)2004年06月17日 15時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月17日、IT技術者や開発者を目指す学生向けの施策を強化すると発表した。統合開発ツールMicrosoft Visual Studio .NETの学生向けパッケージMicrosoft Visual Studio .NET theSpoke Premium Version 2003を6月25日に発売するほか、学生向けコミュニティウェブサイト「theSpoke Japan」を6月25日より公開する(URLはhttp://jp.thespoke.net/)。

 VS theSpoke Premiumは、.NET Academic 2003と同等のソフトウェア(Visual Basic .NET Version 2003、Visual C++ .NET Version 2003、Visual C# .NET Version 2003、Visual J# .NET Version 2003)を含む統合開発ツール。中学生以上の学生に販売する。税抜き希望小売価格は4600円で、「プロ仕様同様のVSを学生さんの1か月の携帯代程度で提供したい」(マイクロソフト執行役 デベロッパーマーケティング本部 本部長 鈴木協一郎氏)。

 theSpoke Japanは、プログラミングやコンピュータ技術を学習する学生向けのコミュニティサイト。Blogや掲示板、トピックごとに細分化したコミュニティを形成するハブ機能などを用意する。一部メンバーに対し、セミナー優待参加などの特典を提供していく。2004年秋にはVS theSpoke Premium購入者(the Spoke Premiumメンバー)向けのポイント制度を導入する予定。マイクロソフトでは「今後3年間で数十万人の会員を獲得したい」(同氏)としている。

 さらに、theSpoke Japanにおけるリーダーとして意見とりまとめや企画立案などを行う組織「theSpoke実行委員会」を設ける。同社はアイデアを募るコンテストを実施し、企画を立案/運営する学生を実行委員として任命していく。

 また、「theSpokeを利用してITをみんなで活用するには」というテーマでtheSpoke利用アイディアコンテストを開催する。採用されたアイデアや企画は、実行委員や企画立案者を通じ、学生による学生向けの企画として実現される。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加