大転換を図るサン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ラウンドアップ]
サンは、低迷を続ける業績と株価を背景に、ハード/ソフトの両面で新機軸を打ち出し、起死回生を狙った大きな賭けに出ようとしている。過去の栄光の記憶 をぬぐい去り、生まれ変わりを図ろうとする同社に果たして活路は開けるのか。

「Solarisを必ずオープンソースにする」--サンが方針転換 ・サンのナンバー2であるJ・シュワルツは、同社がプロプライエタリなサーバ用OS「Solaris」をオープンソースにする計画があると語った。---2004年6月3日

富士通とサン、Unixサーバの開発・販売で協力へ ・富士通とサンは、ともにSparcプロセッサを搭載する両社のサーバ製品を2006年半ばまでに統合すると発表。サンのSun Fireおよび富士通のPrimepowerの後継機種となる新サーバ「Advanced Product Line」(コード名)を共同で開発する。---2004年6月2日

サン、ストレージやサービスでも料金体系を変更へ ・サンのナンバー2に昇格したJ・シュワルツは、自らが率いていたソフトウェアグループで導入した異例の価格体系を、他の部門にも広げようとしている。---2004年6月1日

サン、「Java Desktop System」セカンドバージョンを今週リリースへ ・サンは6月1日(米国時間)に、同社のデスクトップコンピュータ用Linux「Java Desktop System(JDS)」の第2バージョンをリリースする。---2004年5月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加