EMCジャパンとシスコ、ビジネス継続性/災害復旧分野で協力

ニューズフロント2004年04月20日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンとシスコシステムズは、ミッドレンジクラスのストレージ環境でビジネス継続性/災害復旧(BC/DR)を実現するための共同実証実験を終え、EMCのジャパン・ソリューションズ・センター(JSC)内とシスコのネットワークソリューションセンター内の2カ所に検証/デモセンターを開設した。両社が4月20日に明らかにしたもの。

 両社は、共同実験でEMCのハイエンドストレージ製品Symmetrix DMX1000とミッドレンジストレージ製品CLARiX CX700をシスコのMDS9509で接続し、EMCのソフトウェアSANCopyやMirrorViewなどを利用して、毎時約1Tバイトのリモートデータ転送を実現したという。さらに、8本のFibre Channel over IP(FCIP)トンネルを2本の10Gビットイーサネットに集約して4芯光ファイバーケーブルで転送する実験も行い、毎時0.4Tバイトの速度を出したとしている。

 両社の検証/デモセンターは、いずれも東京都新宿区にある新宿三井ビル内に設けられた。異機種間における高速リモートデータ転送を実現することでストレスの無いデータの可動性を提供するとともに、災害対策に必要とされるデータレプリケーションの実現を可能とする。

 センターには、専用設備としてEMCのCLARiX CX400が2台常設され、SANCopyおよびMirrorViewが常時利用できる。また、シスコのMDS9000製品系列で構成された1200kmまでの高密度波長分割多重化(DWDM)実回線や、IP回線シミュレータを使った超遠距離のFibre Channel/FCIPによる、BC/DR環境のデモンストレーションとベンチマーク試験が行える。

EMCジャパン
シスコシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加