「iOS 12.1.3」リリース--メッセージ表示などの問題を修正

2019年01月23日 06時51分

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

 Appleは米国時間1月22日、2019年初の「iOS」アップデートを「iPhone」と「iPad」のユーザーにリリースした。このアップデートには、「メッセージ」アプリ、「CarPlay」、「HomePod」に影響を与えていたものを含む、多数のバグ修正が含まれている。

 リリースノートによると、「iOS 12.1.3」の内容は以下のとおり。

 このリリースには、HomePodで発生していたバグの修正も含まれる。

 上記以外にも、任意のコードの実行に利用される恐れのあるBluetoothの問題や、攻撃者によってリモートでFaceTimeの通話を起動される恐れのあるのバグなど、さまざまな脆弱性に対するセキュリティ修正が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。