logo

ジョブズ、孫正義--カリスマを継ぐ難しさとは

2011年3月3日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのCEO、Steve Jobs氏が3月2日のiPad 2発表会に出席しました。医療休養中とされていましたが、「今日は休んでいたくなかった」と述べ、いつもどおりのプレゼンテーションを披露しました。

 とはいえ、Jobs氏が医療休暇を取るのはこの7年間で3回目。Appleは内密に後継者計画を立てているようです。2月23日に開催された株主総会では、この後継者計画を開示せよという株主から要望が上がりましたが、結局、この議案は否決されました。

 一方、日本ではソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏が大々的に後継者育成プロジェクトを推し進めています。自身の後継者を発掘、育成するために「ソフトバンクアカデミア」を開校しました。

 カリスマ経営者の後継者選びにはどのような課題があるのでしょうか。また、パネリストの皆さんのなかには創業者の方も多くいらっしゃいます。自身の後継者問題について考えたことがありますか。ご意見をお聞かせください。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    KNN神田です。

    一次、二次、そして、最終は孫正義学長の前でプレゼンし、この4月からは、ソフトバンクアカデミア社外一期生としてソフトバンクアカデミアに迎え入れていただけました。

    NDAがあるので、詳しくは書けませんが、ある意味、非常に開かれた専門性のある大学院のような印象をうけています。ケーススタディーは、ずばりソフトバンクグループの課題そのもの。

    孫正義自身の後継者だけでなく、ソフトバンクグループ全体のシナジーを活かせるように思います。

    もしも、アップルがジョブズ大学を開催していたら…同様のシナジーが活かせると思います。

    企業、関連会社、顧客、見込み顧客 未開拓顧客のステージがあるとあすると、関連会社と顧客の間のステージを補完するようなメディア効果があるかもしれません。

    アップルに対して、一家言ある人が、アップルと共に、考えるという組織体があったり、アドバイスをするチームがあってもいいでしょう。もちろん、ジョブズは人の意見に耳を貸すタイプではありませんが、彼の発想のDNAを、今後も伝えていく努力は必要かと思います。

    ウォルト・ディズニーがディズニーランドだけでなく、ディズニーワールドをEPCOTセンターとして、未来を託したように…。

    現在のアップルの面々を見回してみて、その器がいないのは明確です。

    ソフトバンクアカデミアの社外生は、ボクが合格したように、社内にいないような人材が抜擢されているような気がします。

    企業を生物にたとえ、できるだけ遠いところのDNAも取り入れて、いろんな可能性を模索するという問題解決の手段になるのではないかと期待しております。


    2011-03-05 21:53:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集