logo

時代はインターネットからソーシャルネットへ?

2010年9月16日 01時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィが9月10日に新たなオープン化戦略を発表しました。mixi内の人間関係を外部サイトにも反映させる「ウェブのソーシャル化」を進め、検索エンジンが主導する現在のウェブに、もう1つの指標として「ソーシャルグラフ」(ネット上で人と人の関係性を表す相関図)を持ち込もうとしています。

 将来的にはSNSにおける人間関係がウェブのトラフィックを左右するようになり、ウェブマスターは検索エンジン最適化(SEO)に加えて、ソーシャルグラフ最適化(SGO)を実施するようになるだろうとミクシィは予測しています。

 長らく検索エンジンがウェブコンテンツの入り口として機能しています。ミクシィ(あるいはFacebook)は次のGoogleになれるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    その遷移が成立するには、人間関係のダイナミクスをどこまで情報システムがキャッチアップできるか、という問題が大きいと思います。

    そう考えれば、その現実解として「ソーシャルとモビリティの連携」が、鍵になるんでしょうねえ。モビリティ(とそれを規定する作業)によって制約が生じれば、その分システムとして実装しやすくなるわけですし。

    というわけで、多くの巨人たちが、改めて位置情報サービスに夢中になっているのも、よく分かります。
    2010-09-17 15:31:28
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集