logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 村井亮
    村井亮さん (ビートコミュニケーション代表取締役社長)
    Yahoo!が米国とカナダでMicrosoftのBingを、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンの採用を発表しましたが、個人的にYahooとGoogleがそれぞれ独自の検索アルゴリズムを用いて情報を提供し続ける方が、情報の多様性が保たれ、理想的だと感じます。

    サーチエンジンのアルゴリズムにはどうしても作り手側の情報の選択の仕方や価値基準が、多少なりとも反映されてしまいますので、情報を取得する方法が同じロジックを使う場合、偏るリスクも生じます。

    特に今迄Yahooに広告を載せていた広告主とGoogleに広告を載せていた広告主は考え方が異なる場合があると思うのですが、同じアルゴリズムになることにより、広告を出すのをやめたり、掲載がどちらか片方のポータルに偏る可能性もあると考えています。
    2010-09-17 19:28:58
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集