logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    検索業界の影響としては、SEO業者に対して大いにあると考えている。

    同じ検索単語に対する Google と Yahoo の検索結果は傾向が異なる。端的に言えば、Google は純粋に利用者の利便という見地で検索順位生成を行っており、Yahoo は若干、同社に対する経済的力学が検索順位に反映されていると言われている。

    報道によれば早ければ年内にもGoogleのエンジンを利用開始とのことだが、もしこのタイミングで Yahoo の検索順位が Google の順位に準じたものになるとしたら、Yahoo の検索順位を上げると謳っている SEO 業者は相当な軌道修正を余儀なくされるだろう。

    経験的にも、総じて Google の検索順位の方が上位に有用なリンクが来ると認識している。(Sponsored Search ではない)検索結果本文に対する利益授受関係の反映は最終的にはその検索エンジンの品位と質を落とすことになるので、利用者本位という意味で、今回の提携は歓迎すべきことだと考える。
    2010-07-30 09:06:08
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集