logo

ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?

2010年7月27日 15時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最大手のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」がGoogleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用することを発表しました。

 ネットレイティングスの調査によれば、4月の日本の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、このうち4223万人(81.1%)がYahoo検索を利用しているそうです。一方Google検索は2923万人で56.2%でした。

 両社の提携が実現すれば、日本の検索サービスの大部分をGoogleの技術が占めることになります。検索業界はどのような影響を受けるのでしょうか。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    もはや提携に聖域なし、ということで結構衝撃的でした。アメリカのネットでも結構話題になっていて結構驚かれてますが(USのY!はBingと提携)、ビジネス的な観点から冷静に考えると、この提携でY!は違う技術やサービスへ人材やお金を回せるわけで、より差別化のしやすい領域へ投資をシフトさせるという意味では、合理的ではないかと思います。

    一方で検索業界的には、資本力のあるBingと最大手Googleが二分していくことになりますが、検索エンジンのシェアというよりも、Y!の広告配信システムがGoogleになるという点の方が業界的なインパクトが大きいと思います。

    ちなみにこの記事が一番よくまとまってますね。 (リンク »)
    2010-07-28 01:56:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集