logo

「2009年日本の広告費」をどう見る?

2010年2月23日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した「2009年(平成21年)日本の広告費」を発表しました。

 総広告費は2年連続で前年実績を下回り、4マス媒体も5年連続して前年比割れとなりました。増加した「インターネット広告費」も伸び率はわずかです。モバイル広告や検索は好調でしたが、ディスプレイは頭打ちでした。

 2009年の日本の広告費をどう分析しますか。また2010年の展望はどうでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    インターネット広告へのパワーシフトは一層進み、ラグジュアリーブランドのモバイル広告への取り組みも徐々に増えるだろう。電通・博報堂がリードする業界構造自体は変わらない。傘下のネット広告代理店経由の取り扱いが増えるだけのことだからだ。
    SEO/SEMは堅調、そしてSMO/SMM(ソーシャルメディア最適化/マーケティング)に取り組み始める企業は一気に増えると思われるが、数値化できる指標がまだ業界的に決まっていないため、最終的に表面化するのは、2011年、ということになるかもしれない。
    2010-03-08 08:21:53

-PR-企画特集