logo

「2009年日本の広告費」をどう見る?

2010年2月23日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した「2009年(平成21年)日本の広告費」を発表しました。

 総広告費は2年連続で前年実績を下回り、4マス媒体も5年連続して前年比割れとなりました。増加した「インターネット広告費」も伸び率はわずかです。モバイル広告や検索は好調でしたが、ディスプレイは頭打ちでした。

 2009年の日本の広告費をどう分析しますか。また2010年の展望はどうでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 朴世鎔(バクセヨン)
    朴世鎔(バクセヨン)さん (株式会社Ascent Networks 代表取締役社長)
    ネット広告により新聞広告が抜かれました。後ほど、ネット広告がTV広告をも抜く日が来るでしょう。需要不足と見るか、供給過剰と見るかは分からないが、35兆円規模の差がある以上、間違いなく国内の景気が良くなるまでまだ時間がかかるはずです。結論的に2010年の広告費もあまり変わりは無いと思います。
    2010-03-04 01:41:55

-PR-企画特集