logo

「2009年日本の広告費」をどう見る?

2010年2月23日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した「2009年(平成21年)日本の広告費」を発表しました。

 総広告費は2年連続で前年実績を下回り、4マス媒体も5年連続して前年比割れとなりました。増加した「インターネット広告費」も伸び率はわずかです。モバイル広告や検索は好調でしたが、ディスプレイは頭打ちでした。

 2009年の日本の広告費をどう分析しますか。また2010年の展望はどうでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    広告費全体が落ちるのは、この景気ではしかたありません。しかし、新聞広告がネット広告に抜かれたというのは時代の変化を象徴している出来事とはいえ、新聞はすでに広告メディアとしては長期的に斜陽産業であり、役割が終わったということでしょう。
    GDPと広告費の推移のグラフをブログに貼りつけておきましたが、それを見れば、一目瞭然という感じです。
    (リンク »)
    2010-02-24 13:32:16

-PR-企画特集