logo

「2009年日本の広告費」をどう見る?

2010年2月23日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した「2009年(平成21年)日本の広告費」を発表しました。

 総広告費は2年連続で前年実績を下回り、4マス媒体も5年連続して前年比割れとなりました。増加した「インターネット広告費」も伸び率はわずかです。モバイル広告や検索は好調でしたが、ディスプレイは頭打ちでした。

 2009年の日本の広告費をどう分析しますか。また2010年の展望はどうでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 藤代裕之
    藤代裕之さん (ブロガー)
    インターネット広告費が新聞を抜いたことについてはブログに書きましたが、テレビや雑誌がバブル期の1990年代レベルに留まっているのに対して、新聞は1980年代レベルにまで落ち込んでいるのが目立ちます。それもここ数年で急激に減っており、構造的な変化は避けられないでしょう。
    (リンク »)

    広告全体で言えば2007年に7兆191億円だったものが、5兆9222億円となっています。下期は回復基調とのレポートもありますが、ネットは競争が激しくなり単価も低下しているのが気がかりです。
    2010-02-23 02:13:46

-PR-企画特集