logo

「2009年日本の広告費」をどう見る?

2010年2月23日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した「2009年(平成21年)日本の広告費」を発表しました。

 総広告費は2年連続で前年実績を下回り、4マス媒体も5年連続して前年比割れとなりました。増加した「インターネット広告費」も伸び率はわずかです。モバイル広告や検索は好調でしたが、ディスプレイは頭打ちでした。

 2009年の日本の広告費をどう分析しますか。また2010年の展望はどうでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    今回の結果に驚ろかれている方は少ないのでは?景気が悪いのは周知の事実。さらに新聞・雑誌といった紙媒体の酷い落ち込みは身近に感じている話ですし、このままでは紙媒体系の先が見えないのは大問題。情報の価値をインターネット時代にてらして、もう一度再定義しなければ、このまま衰退を受け入れていくしかないでしょう。


    インターネットの出現で広告そもものの位置づけが変わってきています。これは今回苦戦を強いられているテレビ広告にもマイナスではありません。デジタル放送になりテレビもインターネットに繋がる時代、テレビも垂れ流しではない新しい広告モデルが出現し、また盛り返す時がくるでしょう。しかし、やはり心配なのは新聞ですね。。。。。
    2010-02-23 12:30:27

-PR-企画特集