logo

Twitterはビジネスプラットフォームになるか

2009年9月3日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 140文字で「今、何をしているか」をつぶやきあうコミュニケーションサービス「Twitter」への注目度が高まっています。Twitterは2007年に米国でスタートしましたが、ここにきて芸能人や作家、政治家など利用者の裾野が日本でも広がり、企業のマーケティング活動などにも使われ始めています。

 自社コンテンツへ誘導したり、プレスリリースなどを流したり、カスタマーサポートに利用したりと企業によるTwitter利用の形はさまざまです。Twitter側も企業をサポートする有料プランの準備を進めています。

 Twitterはマーケティングプラットフォームとして定着するのでしょうか。それとも一時期のSecond Lifeのようにバブルで終わってしまうのでしょうか。パネリストの皆さんの意見をお聞かせください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 山崎徳之
    山崎徳之さん (株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 代表取締役社長)
    なるでしょうね。

    それが非常にMajorなプラットフォームなのか、One of themなのかは今後次第ですが、少なくともLinkedIn程度には使われるものにはなると思います。

    また、twitter自体がサービスとしてマーケティングプラットフォームになるというよりも、twitterを利用した各種のマーケティングサービスの土台としてのプラットフォームになるほうがありそうです。

    ただ日本での定着は海外の後塵を拝することになる可能性も結構ありそうです。

    Second Lifeとくらべるのはあまり意味がない気がします。
    Second Lifeバブルは投資市場バブルとメディア(書籍やwebの)バブルですね。

    個人的にはgoogleにmergeされるほうがより成功する気がします。
    いまのtwitterの最大の欠点は不安定なことなのでそこをなんとかしないといけないですね。
    2009-09-03 15:47:32

-PR-企画特集