オラクル、サン買収の狙いは?

2009年4月20日 23時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleが4月20日にSun Microsystemsを買収することで最終合意したことを発表しました。1株あたり9.50ドルでの買収交渉に入っており、買収の総額はSunの負債などを含めると約74億ドル、実質は56億ドル程度になる見込みとのことです。

 この買収におけるOracleの狙いはどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    Oracleはここ数年、有力ソフトウェア企業を何社も買収してきた。ピープルソフト、シーベル、BEAなど。この動きを見ていると、およそ2つの側面を見ることができる。1つは自社の競合を取り込んで融合し、競合ソフトの消滅を図るもの。もうひとつは自社にない技術やソフトを買収によって取り込み、自社を総合的ソフトウェア企業にするための布石とするものである。

    またOracleはMicrosoftとの真っ向勝負は考えず、企業(エンタープライズ)向けソフトウェアソリューションの強化に狙いを定めているように見える。

    さて今回のSunに関しては、その要素はJavaとMySQLではないだろうか。前者は自社フィールドの拡張、後者は競合ソフトの抑制・融合と考えられる。何れもエンタープライズ向け総合ソフトウェア企業としての位置づけを強化するものである。

    1ユーザーとしての意見を言わせていただければ、MySQLの消滅は何としても避けていただきたい。

    2009-04-21 14:25:22
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加