logo

ジョブズ氏をどう評価する?

2009年1月20日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのCEO、Steve Jobs氏が6月末までの間、病気治療のための休暇をとることを明らかにしました。Jobs氏の健康状態をめぐっては過去にさまざまな議論が交わされ、今回の休暇報道でAppleの株価は急落しました。

 普段は新製品の発表会などでしか目にしないJobs氏ですが、その進退になぜこれほどまでに注目が集まるのでしょうか。Jobs氏の偉大さはどこにあるのでしょう。パネリストのみなさんのご意見をお聞かせください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    毀誉褒貶の激しいジョブズだが、彼ほど確固たるビジョンや目的を持って、それを強い情熱をもって言語化したり製品化することができるリーダーはめったにいない。
    そのビジョンが他の人に理解されなかったり、目的が誤解されたりすることがあったとしても、形にするまでは、それが正しいのかどうかは誰にも分からないじゃないか。
    信念を持って行動する。それがリーダーシップでありクリエイターの証だ。

    もちろん同じような信念を持つ人間は多いが、ジョブズはさらに商品としての成功率が高いうえに、デザインの高さという付加価値を与えることにも長けている。

    物作りへの信念と情熱。卓越した美的センス。自分たちの製品に対する盲目的な愛情。同じように愛してくれるファン。これらを兼ね備えた経営者は、世界中でもジョブズしかいないだろう。好き嫌いは別として、ジョブズの前にジョブズ無し、ジョブズの後にジョブズ無し、というのは認めざるを得ないだろう、誰でも。


    2009-01-20 12:02:59
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集