logo

CNETパネリストが振り返る2008年

2008年12月25日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いろいろなことがあった2008年も残りあとわずかです。CNET パネルディスカッションの1年間のお題を見返してみると、パネリストの皆さんには本当に多くのトピックにご意見を寄せていただきました。

 さて、2008年のIT業界における3大ニュースを選ぶとしたらどんなものが思い浮かぶでしょうか。皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    1 リーマンショック
    後世に残る世界同時不況が襲った一年でしたが、日本IBMの1000人のリストラをはじめ、Googleの株価下落、新聞・テレビと言った既成メディアの広告収入だけでなく、それまで好調だったネット広告にも影響がでて、金融が起こしたバブルの崩壊が、実体経済を揺さぶり、さらにIT業界、またネットの世界まで衝撃が広がりました。時代を大きく変化させる動きがさらに今後起こってくるでしょうが、そんななかでもGREEのIPOが成功したことはせめてもの明るい話題でした。

    2 ネットブック
    EEEPCが売れて、PCの出荷台数が予想に反して伸びました。しかし、これはいよいよPCのコモディティ化が最終局面にきたということです。デザインとか、スペックで差別化しても、差異は小さく、価格下落に歯止めがかかりません。ハードを中心に置いたビジネスモデルはさらに厳しくなったということでしょう。

    3 iPhone3G
    海外に比べ携帯が高機能化しており、また特殊な携帯文化が根付いている日本では、iPhone3Gは話題に沸いたほどは売れなかったのですが、世界市場では、アップルはiPhone3Gで確実に新しいポジションを握り、APPストアによる新しいビジネスモデルを離陸させることにも成功したと思います。ネットブックの普及とiPhone3Gをはじめとしたスマートフォンの普及、さらに携帯でのネット利用の拡大で、いよいよ本格的なユビキタスの時代への変化が加速されていくということでしょうか。
    2008-12-27 12:28:36
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集