logo

Google ストリートビューは便利? 怖い?

2008年8月8日 20時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中のあらゆる情報を整理するというグーグルのミッションが着実に歩を進めています。同社は先日、道路に立った目線で実際の街並みを閲覧できる地図サービス「ストリートビュー」を公開しました。東京、大阪、札幌など主要12都市に対応し、細い路地までが網羅されています。これを使えば、夏休みの旅行の計画に役立てたり、あるいは家にいながらバーチャルな旅行を楽しんだりできそうです。

 一方で、プライバシーの侵害を懸念する声もあります。グーグルのカメラに撮影された人は、顔こそぼかされているものの、Google マップに表示されてしまいます。自宅の様子や自家用車なども同様です。もちろんグーグルは、ユーザーからの通報があれば人の顔や車のナンバーをぼかすなど個別に対応していく方針を明らかにしています。

 ストリートビューは日本で受け入れられるでしょうか。ウェブの利便性とプライバシーなどの関係について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    ITの発展により、プライバシーを守るためには相応の努力が必要になってきています。
    既に(当局がその気になれば)日本国内にほとんどプライバシーは存在しません※。
    Street Viewはその現状の一端を提示したに過ぎませんが、それでも普通に見ると「これはちょっと…」と感じますし、私もそう思います。
    しかし、好むと好まざるとこの状況が今であり、未来です。
    今後、Street Viewのようなサービスはさらに進化していき、プライバシーの範囲はより狭まっていくでしょう。(たとえば衛星/航空写真がリアルタイムで更新される、とか)

    ※Suicaの入出場記録、携帯の通信記録、ネットのIPアドレス、Nシステムの交通記録、衛星写真など、当局がその気になれば個人の行動はすぐに丸裸になりますし、いつ悪用・誤用されても既におかしくない状況です。
    映画「マイノリティー・リポート」の世界はもう現実に存在するわけです。

    2008-08-11 00:19:41
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集