logo

Google ストリートビューは便利? 怖い?

2008年8月8日 20時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中のあらゆる情報を整理するというグーグルのミッションが着実に歩を進めています。同社は先日、道路に立った目線で実際の街並みを閲覧できる地図サービス「ストリートビュー」を公開しました。東京、大阪、札幌など主要12都市に対応し、細い路地までが網羅されています。これを使えば、夏休みの旅行の計画に役立てたり、あるいは家にいながらバーチャルな旅行を楽しんだりできそうです。

 一方で、プライバシーの侵害を懸念する声もあります。グーグルのカメラに撮影された人は、顔こそぼかされているものの、Google マップに表示されてしまいます。自宅の様子や自家用車なども同様です。もちろんグーグルは、ユーザーからの通報があれば人の顔や車のナンバーをぼかすなど個別に対応していく方針を明らかにしています。

 ストリートビューは日本で受け入れられるでしょうか。ウェブの利便性とプライバシーなどの関係について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    日本で受け入れられるかどうかについては、すんなり入ると思います。
    今でこそ個人情報保護法とか施行されて、それなりに意識高まったとは思うけど、そもそも日本はプライパシー後進国。そのへん過敏なのはごく一部でしょう。

    で 実際に使ってみて思うのは、いや確かに面白いんだけど、いまいちナニに便利
    なのかがピンとこない。具体的にどんな実需があるのかな。覗き見とか、やましいことには使えるような気もするけど。でも同じようなことをGoogle Earthが出来たときにも思った小生の想像力は後の隆盛を考えると貧困だったのでしょうね。

    ただし!ご指摘のように家にいながらバーチャルな旅行を楽しんだりできそうだけれども、そこで終わるのは感心しませんぜ。若者よ、パソコンを捨てろとは言わないからさ、街に出よう、よ。

    写真やガイド見ても街の息吹はま〜ったく掴めないものだ、とジャカルタの路上でしみじみ思ってます。
    2008-08-09 03:33:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集