logo

iPhone 3G、その魅力とは?

2008年7月11日 01時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gがついに発売され、App Storeもオープンしました。世界中からアプリケーションが寄せられており、すでに500以上のラインナップとなっています。まもなくMobile Meもサービスを開始し、iPhoneを利用する環境が整う見込みです。

 日本でも発売まであと数時間となりました。ソフトバンク表参道には11日午前0時時点で1000人近い行列ができています。発表時にもお聞きしましたが、あらためて、ここまで人を惹きつけるiPhoneの魅力とは何なのでしょうか。またiPhone 3Gを購入された方、実機に触れられた方はぜひ、そのご感想をお聞かせください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    表参道以外のソフトバンクショップにも行列が出来ているようだが、実は家電量販店でも販売されることはあまり大きく報道されていない。とある家電量販店では30台の在庫がある情報を入手し、先ほど整理券をもらってきた。なんと行列は出来ていなかった。16GB Blackである。13時には手元にあるはず。

    さて、この1ヶ月様々なメディアの報道の中で、iPhoneがどのように取り上げられるか注意深く見てきた。そして僕のiPhoneに対するイメージはシンプルに「ポータブルなコミュニケーションガジェット」である。その中に携帯電話機能がついているいるというだけである。

    既にYahoo!を始めとして各ネットサービスプロバイダーがiPhone対応を発表していることから、モバイル・アプリケーション・プラットフォームのデファクトスタンダードなる事は間違いない。

    ちなみに、僕らの提供しているfeedpath Zebraも次期バージョン(Zimbra Collaboration Suite 5.0 日本語版)の開発を進めており、その中でiPhone対応はもちろん行う。iPodTouchでは既に動作検証済みだ。E-Mail & CalendarがiPhone Safariインターフェースで利用できる。

    AppleのmobileMeはコンシューマおよびビジネスコンスーマターゲットだが、feedpath Zebraはスモールビジネス&エンタープライズ向けというセグメントを狙っている。

    2008-07-11 10:11:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集