logo

Firefox 3登場、ブラウザ覇権の行方は?

2008年6月20日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefox 3が正式リリースされました。数々の新機能と1万5000を超える改良を施したメジャーバージョンアップで、800万件以上のダウンロード数を達成。24時間以内に最も多くダウンロードされたソフトウェアとしてギネス世界記録の樹立が注目されています。他のブラウザも動きが活発です。Internet Explorer 7の自動更新が2月から開始されたほか、次期バージョンIE8のベータも開発者向けに公開されました。SafariはiPhoneに搭載されることで、触れる人が多くなりそうです。Operaも最新であるバージョン9.5のダウンロード数が470万を突破しました。

 現状、ブラウザシェアをリードするのはInternet Explorerですが、最新版の出だし好調なFirefoxやOpera、MacやiPhoneとのコンビネーションが強みのSafariとのユーザー獲得戦争の行方に今後変化は起きるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    Macユーザーの僕にはIEを使う機会はないのだが、一般的には、家庭ではMacユーザーでもオフィスではWindowsを使うことを強いられてしまっている人も多いだろう。結局、会社側が自社内のイントラネットをIEベースでコントロールし、セキュリティを管理しようとしているうちは、なかなかIEのシェアを崩す事は難しいだろう。社内のPCにインストールするソフトを情報システム部門が管理しなければならない以上、OSもブラウザも選択肢がないほうがいいからだ。

    これがSaaSが一般的になり、社内のコンピューティング環境に制限をしく必要がなくなれば、事情は変わってくる。
    つまり、SaaSやクラウドコンピューティングの普及によって、ブラウザのシェアも大きく変わってくると思う。

    ちなみに、僕のメインブラウザはSafariだ。FF3は確かに速かった、でもちょっとみためが好みじゃない・・・スキンを変えられるとしても。
    ただ、FFの試みには心から賛同する。Mozillaのような組織が成立する事自体が、インターネットとWebの世界の素晴らしさを証明していると思う。
    2008-06-21 12:02:32
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集