Firefox 3登場、ブラウザ覇権の行方は?

2008年6月20日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefox 3が正式リリースされました。数々の新機能と1万5000を超える改良を施したメジャーバージョンアップで、800万件以上のダウンロード数を達成。24時間以内に最も多くダウンロードされたソフトウェアとしてギネス世界記録の樹立が注目されています。他のブラウザも動きが活発です。Internet Explorer 7の自動更新が2月から開始されたほか、次期バージョンIE8のベータも開発者向けに公開されました。SafariはiPhoneに搭載されることで、触れる人が多くなりそうです。Operaも最新であるバージョン9.5のダウンロード数が470万を突破しました。

 現状、ブラウザシェアをリードするのはInternet Explorerですが、最新版の出だし好調なFirefoxやOpera、MacやiPhoneとのコンビネーションが強みのSafariとのユーザー獲得戦争の行方に今後変化は起きるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    僕のブログ( (リンク ») )のアクセス統計ではInternet Explorerが50%、Firefoxが29.5%、Safariが18.3%といった状況です。(今年に入ってから6月20日までの統計)この数字は一般のネット利用者を対象にした統計に比べ、Firefoxのシェアが大きいと思います。

    このように僕の周りのIT関連の仕事をしている方々は、Windows利用者はFirefoxが圧倒的にに多く、Mac利用者はSafariが多く見受けられますが、一般のネットユーザーはまだまだ Internet Explorer を利用しており、この層にFirefoxがどれだけ認知してもらうかがFirefoxのシェアを伸ばすポイントではと思います。

    一方、AppleはSafari 4 Developers Reviewが公開したようですが、Macユーザーの僕としては、Safari 4のさらなる性能向上に期待です。
    2008-06-21 09:01:45
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加