logo

ダビング10頓挫--録画・録音の行方は?

2008年6月3日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル放送の録画データをハードディスクなどに10回まで私的コピーできる「ダビング10」が6月2日の開始に間に合わず、延期となりました。導入が遅れた原因は、著作権関連団体とメーカー側の対立にあるようです。

 著作権関連団体は、ダビング10採用の条件として、iPodなどの携帯音楽プレイヤーや、ハードディスクレコーダーといった録画機器にあらかじめ補償金を上乗せして販売することを求めています。これに対し、IT分野の業界団体であるJEITAは、補償金制度は縮小・廃止されるのが原則、と考えています。

 来週のアップルのイベントでは新しいiPhoneが発表されると噂され、夏には北京オリンピックが開催されます。魅力的な録画・録音機器の登場を控えて、パネリストの皆さんが考える理想のダビング生活とはどのようなものでしょうか。ご意見を聞かせてください。


  • 大橋賢治
    大橋賢治さん (株式会社トロイカ 代表取締役社長)
    著作権関連団体とメーカーの対立については、どう考えても両者が歩み寄りしないと解決しないだろう。仮に歩みより解決したとしても、それに納得しないユーザーも当然いる。

    現時点で揉めている以上、今後良い解決策が生まれるとは思わない。

    という事で、このお題の最後の部分の

    「パネリストの皆さんが考える理想のダビング生活とはどのようなものでしょうか。」

    ここに絞って個人的な経験を述べさせて頂くと、本当に見たいと思う番組に関しては、できる限りリアルタイムで見れるよう努力します(ドラマやバラエティはあまり見ないので、主にスポーツなどに限定されますが)。

    万が一見られなかった時の為にPSX(ちょっと古い。。)に録画予約しておきますが、リアルタイムで見る事ができた場合に録画してあった番組を再び「見る」という事はほとんどしません。

    また見たくなった時の為にとHDに残してありますが、あまり自分には必要ないかもしれません。

    リアルタイムで見るとそれなりの「興奮」を味わえ、番組終了後も満足感を得る事ができますが、録画でCMを飛ばして見ると、緊迫感が薄れ、興奮の度合いも低くなるので、私は興奮を維持したい時は、CMを飛ばさずにリアルタイムで見ているという雰囲気を自分で作りながら見てます。

    なので、私はHDの容量が大きいレコーダーがあれば充分。(あくまでも見れなかった時の保険として)

    2008-06-09 15:49:00
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集