logo

Facebook日本語版はmixiに勝てるか

2008年5月19日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のSNS「Facebook」が日本語化されました。5月19日にはCEOであるMark Zuckerberg氏が都内で会見を開き、翻訳に関わったユーザーに感謝の言葉を述べました。同日夜には開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」も開催されるなど、Facebookが日本でも存在感を示し始めています。いち早く開発者向けプラットフォームを公開し、米国では非常に勢いがあるFacebookですが、日本市場でも同様の結果を残せるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 原田和英
    原田和英さん (代表取締役)
    日本におけるFacebookの成功は短期的には難しく、長期的には可能性はある。

    難しいと考える理由は以下
    ・Facebookの強みはサードパーティによるアプリ。しかしそれらが日本語対応していないと強みがいかせない
    ・日本のSNSユーザは携帯からが多い。しかしFacebookのアプリは基本的に携帯は弱い
    ・日本のSNSユーザはネットのライトユーザが多いが、それに対しFacebookの機能は複雑すぎる

    ただし長期的には、このような一般SNSは一極集中する傾向にあり、日本でも利用される可能性がある。ただ、それでも検索エンジンのYahoo!やGoogleの利用傾向からもわかるように日本では国産サービスが使われる可能性が高く、苦労はするだろう。
    2008-05-19 19:23:00
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集