logo

Facebook日本語版はmixiに勝てるか

2008年5月19日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のSNS「Facebook」が日本語化されました。5月19日にはCEOであるMark Zuckerberg氏が都内で会見を開き、翻訳に関わったユーザーに感謝の言葉を述べました。同日夜には開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」も開催されるなど、Facebookが日本でも存在感を示し始めています。いち早く開発者向けプラットフォームを公開し、米国では非常に勢いがあるFacebookですが、日本市場でも同様の結果を残せるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松村太郎
    松村太郎さん (ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ)
    「日本におけるFacebookは、短期的には難しいと思います。
    日本の土壌には現段階では難しすぎると思います。

    Facebookのイベントにも参加しましたし、書きたいことは
    あったのですが、最近流れ始めたGREEのCMを見て書く気が
    失せました。「お金はないが、暇はある」(でしたっけ)。

    面白いキャンペーンを実施しているGREEのことなので、
    マーケティングの結果このCMになったのだ、と推測しますが、
    だからこそなおさら肩を落としてしまいます。日本の
    ケータイ、ネットユーザーにはこのキャッチコピーじゃなきゃ
    響かないのだ、と言う結果に対してです。

    日本のSNSって、日本のケータイって、日本のネットって、
    FacebookがPaaSだ、マネタイズだ、という勢いでやってきても、
    サービス側、ユーザー側のニーズが合っていなくて、
    同じ土俵の相撲にはならないでしょう。」
    2008-05-20 01:26:00
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集