違反か販促か--著作権侵害動画の本質

2008年3月17日 01時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画において著作権を侵害している放送番組の動画をすべて削除する方針であることを、運営するニワンゴの親会社ドワンゴが明らかにしました。ニワンゴはテレビ局6社に対し、既存の著作権侵害放送番組動画をすべて削除する、新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する、という内容の申入書を提出したとされています。一方で、ユーザーによる動画アップロードはコンテンツの宣伝として有用との考えもあります。角川グループでYouTubeを活用した新規ビジネスを担当する角川デジックスの福田正社長は、日経BP「Tech-On!」のインタビューで、「ファンのいないところにエンターテインメントは成り立たない。好意を持っていてわざわざ宣伝してくれる。そんなファンをないがしろにして著作違反だとやっていたら,ファンなんかいなくなります」と語っています。違反か、それとも販促か--著作権侵害動画の扱い方について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 高瀬徹朗
    高瀬徹朗さん (放送ジャーナリスト)
    放送局からすると「販促になる動画はそのまま、あまり見られたくない動画や販売阻害になるものは消してくれ」ってのが本音だと思うんですよね、結局。
     もちろん、出演者やら権利団体やらの手前そうも言ってられないから「全部消せ」となる。
     そこの本音と建前は出演者レベルにもあるとは思いますが、すべて自前で番組作っているわけではない以上、本音を押し通すこともできない。
     実は、なあなあの雰囲気の中で「消してほしい映像だけ地道に削除依頼を出す」という仕組みが一番なじんでいたのかもしれません。
     一旦全部消して厳しい投稿規制かかって、で今までどおりユーザに利用されるかどうか。良し悪しはともかく、「ネット映像サービス」の将来図が見えることになろうかとは思います。
    2008-03-17 23:30:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加