違反か販促か--著作権侵害動画の本質

2008年3月17日 01時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画において著作権を侵害している放送番組の動画をすべて削除する方針であることを、運営するニワンゴの親会社ドワンゴが明らかにしました。ニワンゴはテレビ局6社に対し、既存の著作権侵害放送番組動画をすべて削除する、新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する、という内容の申入書を提出したとされています。一方で、ユーザーによる動画アップロードはコンテンツの宣伝として有用との考えもあります。角川グループでYouTubeを活用した新規ビジネスを担当する角川デジックスの福田正社長は、日経BP「Tech-On!」のインタビューで、「ファンのいないところにエンターテインメントは成り立たない。好意を持っていてわざわざ宣伝してくれる。そんなファンをないがしろにして著作違反だとやっていたら,ファンなんかいなくなります」と語っています。違反か、それとも販促か--著作権侵害動画の扱い方について、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松村太郎
    松村太郎さん (ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ)
    ユーザーは動画を見たい、権利者側は儲けたい。ここをうまくつないであげようという考え方が、なぜ主流にならないのでしょうか。

    システムかエージェントかわかりませんが、儲けたい側がユーザーのニーズに歩み寄って、サービスしてあげて、みてもらう、きっちり利益は確保する、という体制を作れればよいと思います。

    そこは、ぜひネットのメディア向けに、新たに楽しませるコンテンツやアイディアが生まれる場だと思っています。
    2008-03-17 19:07:33
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加