mixi日記は誰のもの? 改めて考える利用規約

2008年3月9日 21時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 mixiの利用規約が揺れています。4月1日に全面改訂する予定の利用規約が公開されましたが、当初はmixi上で書いた日記などの情報について、運営会社ミクシィによる無償かつ非独占的なコンテンツの使用権利や著作者人格権行使の禁止などが明記されていました。これに対してユーザーはmixiやブログ上で反発する声を上げたことから、同社は条文の修正を行うことを明らかにしました。

 コミュニティサイトにおけるユーザーコンテンツの扱いについてはたびたび議論が起こっていますが、基本的にほとんどのサービスにおいて、運営会社が自由に利用できるものとしています。ユーザーが書き込んだブログエントリーや日記は、一体誰のものなのでしょうか。また、誰もがコミュニティサイトを使うようになった現在、どのような利用規約が求められているのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    mixi騒動は、mixiの法務なり、パブリシティ担当者の大チョンボというだけのことだと思います。それにしても、いつか来た道なわけで、mixiはこれまでのネットの出来事を知らなかったのでしょうか。著作権問題を出した理由はいろいろなところで書かれていますが、対応が拙速的でした。
    しかも、ちょうど広告収入がふるわないとか、PCのアクティブユーザが増えないとかという停滞感がでてきたタイミングだったので代償が大きすぎましたね。
    著作物は書いた本人にあることはいうまでもないことですが、それこそ著作権うんぬんという大上段に構えるのではなく,利用の際にパーミションを取るなり、もっと目的を限定してmixi側の利用権をそっとだして、ユーザーに誤解を与えなければなんの問題もなかったのじゃないかって気がします。
    それにしてもmixiって、サイトそのものに停滞感がでてきたように感じます。
    2008-03-12 18:26:03
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加