MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    先日パネリストに加えていただきました。どうぞよろしくお願いします。

    この件、今回の買収は実現すると思います。理由としては、Yahoo への投資家が合理的であれば、買収実現を望むだろうということです。MS からの 6割増しのプレミアムは強烈に魅力的であると共に、聡明な投資家にはもはや米国 Yahoo には単独での覇権拡大の展望が見えてこないという事情があるからです。

    個人的にも Internet の覇者が1社独占という構図は望ましくないと考えています。

    話が逸れますが、Internet のビッグネームはつくづく米国ですね。日本の名前が登場してこない。Internet の世界でも日本は極東(Far East)なのでしょうか。

    Google の技術力、影響力、近年の礼賛、その通りなのですが、Microsoft Windows Live しかり、Google しかり、やはり米国からの輸入品です。Gmail も携帯で受けると文字化けしたりする。(日本のキャリアが UTF-8 に消極的な理由もあるが。)日本人の「心」に響くサービスが出てくる下地が弱い。

    したがって、個人的にも日本法人の発言力が高い Yahoo と MS との合併は面白いかもと考えています。
    2008-02-08 10:12:23
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加