ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小飼弾
    小飼弾さん (オープンソース開発者)
    kennさんにほとんど言いたいことを言われちゃっているので差分だけ。

    * 正直、ノートパソコン上でさえ画質がショボいYouTubeを大画面で見たいとは思わないなあ。
    * 単にYouTube見るだけだったら、Wiiでもできるし、Apple TVならもっといろいろ見れるし。
    * むしろ、希望はニコニコ動画なのではないだろうか。「一人で観る」ということであれば、もうTVはパソコンの敵じゃない。「みんなで観る」をどう実現するか、というか復権するか。

    Dan the TV Unwathcher
    2008-01-20 09:18:20
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加