logo

Amazon「Kindle」は読書ツールのiPodとなるか?

2007年11月26日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが待望の電子ブックリーダー「Kindle」を発売しました。一通りの特徴を挙げると、1)携帯電話ネットワークで本体から直接アクセスできるオンラインストアには9万タイトル以上の書籍が揃い、それらのほとんどが9.99ドルで提供される。2)本体には約200冊の書籍を格納でき、標準SDメモリカードは約1000冊分の容量にまで対応可能。3)新聞、雑誌、著名ブログ、Wikipediaにアクセスできる。4)各機器に割り当てられたメールアドレスにWord文書や画像ファイルなどを送信できる。5)総重量は約292g。スクリーンには白黒の「電子インク」を用いており、バックライトはない。

 果たしてKindleは、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏が期待しているように、「読書ツールとして音楽プレーヤーのiPodに匹敵する存在」になるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    電子ブックについては、Webの登場と共に普遍的なテーマとして、様々なサービスプロバイダーやメーカーが「手を変え品を変え」取り組んできたテーマだ。

    いよいよAmazonがその分野に乗り出すとあって、各Webメディアを中心に注目が集まっている反面、既に多くのパネラーの方が「Kindle」に対して悲観的な意見をされている。概ね僕も同意見であり、Webに掲載されたデバイスデザインを見ればその比較対象の筆頭に挙げられるiPhoneのデザインとはあまりにもかけ離れており悲観論が最初に出てくる。

    しかしながら、多くのイノベーションはそのスタート時点で既存の商流や、既得権益など乗り越える壁が多く、その分野のオピニオンリーダーに悲観されてきておりAmazonがWebで書籍を販売したとき、iTunesがデジタルミュージックを手がけたときもそうであった。さて、Jeff Bezosは勝算無くして、このデバイスを販売するのであろうか?

    AmazonがiTunes Storeと違う点は既に膨大なユーザーと莫大なコンテンツを持っていることである。発売一年後、いや半年後に電子ブックのデファクトスタンダードとなったこの「Kindle」を持ってJeff Bezosは笑っているかも知れない。
    2007-11-26 00:17:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集