Amazon「Kindle」は読書ツールのiPodとなるか?

2007年11月26日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが待望の電子ブックリーダー「Kindle」を発売しました。一通りの特徴を挙げると、1)携帯電話ネットワークで本体から直接アクセスできるオンラインストアには9万タイトル以上の書籍が揃い、それらのほとんどが9.99ドルで提供される。2)本体には約200冊の書籍を格納でき、標準SDメモリカードは約1000冊分の容量にまで対応可能。3)新聞、雑誌、著名ブログ、Wikipediaにアクセスできる。4)各機器に割り当てられたメールアドレスにWord文書や画像ファイルなどを送信できる。5)総重量は約292g。スクリーンには白黒の「電子インク」を用いており、バックライトはない。

 果たしてKindleは、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏が期待しているように、「読書ツールとして音楽プレーヤーのiPodに匹敵する存在」になるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 江島健太郎
    江島健太郎さん (エンジニア、アントレプレナー)
    Kindle自体については、成功することは絶対ありえない。以上。ということでよろしいかと思います。

    しかし、Amazonが技術開発の手をエンドユーザ・デバイスにまで伸ばしてきたことは大きく評価できると思います。

    流通ビジネスは、独占的規模にまでデカくなると(書籍などの)商材そのものの景気に左右され、自力で成長性をコントロールできない状況に到達する。

    いずれAmazonはそのポジションに到達するつもりなのだから、結局、新しいユーザ体験を発明できる「川上」を握ることが究極のリスク回避でありゴールだということをよく理解しているのでしょう。

    だいたい、畑違いの分野に進出するときなんて、このぐらい外すのが普通です。

    しかし、山ほどの失敗をしても、大枚を張るべきヤマは外してないので、そのことを確信してしぶとく諦めなければ、いつか何かを獲得できることでしょう。(今回の外しっぷりを見るに、10年ぐらいかかるかもとは思いますけど)

    Jeff Bezosといえばギークの祭典ETechでもスピーカー兼参加者として来ていて、セッションに参加して熱心にメモとってましたよ。コンピュータ・サイエンスのバックグラウンドがあるとはいえ、すごい熱意&嗅覚だなと思いました。

    つくづくAmazonは偉大ですよ。
    2007-11-24 03:36:52
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加