logo

秋冬モデル登場、ケータイの進化は止まらない?

2007年10月22日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 au携帯電話の秋冬モデルが発表されました。2.8インチQVGA有機ELディスプレイや、au×sonyのコラボレーションによる音楽サービスの強化、待ち受け画面へのGoogle検索窓の設置、さらにほとんどの機種がワンセグを搭載するなど、非常に高機能なラインアップとなっています。このあとソフトバンクモバイル、NTTドコモも秋冬モデルの発表を行いますが、携帯電話端末は今後どのような方向に進化していくのでしょうか。ユーザー、そしてキャリアにとって、周辺サービスも含めた差別化要因はどのような点に移っていくのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    ものぐさなので、機種変更する直前にならないと機能全般を把握できず、使いこなせるようになった頃に電池の寿命等で機種変更、といつも歯がゆい思いをしています。

    進化プロセスも生態系も環境も違うので、いきなりiPhoneまでぶっ飛ばなくてもいいとは思いますが、端末に搭載された機能をもっと手軽に使い倒せるようなインターフェースやサービス設計を進めていただけると、端末の高度化に今ひとつ追随できていない一ユーザとしてはうれしいです。

    あと、そろそろ端末の機能だけにこだわらず、P2Pのような端末間の連携だったり、環境との調和だったりと、システムが主体となってユーザに楽しさを提供してくれるようなサービスが出てくるといいな、と思います。それこそ日本ならではの「インフラやサービスのリッチさ」を体感できるようなサービスがあると楽しそうです。
    2007-10-23 16:55:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集