秋冬モデル登場、ケータイの進化は止まらない?

2007年10月22日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 au携帯電話の秋冬モデルが発表されました。2.8インチQVGA有機ELディスプレイや、au×sonyのコラボレーションによる音楽サービスの強化、待ち受け画面へのGoogle検索窓の設置、さらにほとんどの機種がワンセグを搭載するなど、非常に高機能なラインアップとなっています。このあとソフトバンクモバイル、NTTドコモも秋冬モデルの発表を行いますが、携帯電話端末は今後どのような方向に進化していくのでしょうか。ユーザー、そしてキャリアにとって、周辺サービスも含めた差別化要因はどのような点に移っていくのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    携帯の機種はワンセグとか、3Gが基本機能化し、後はどんぐりの背くらべのスペック競争というようになってきていると感じます。「進化」の香りが感じられないのです。Googleの検索窓をつけたところで検索してまともな結果がえられない状況では、あまり意味があるとは思えず、人は検索窓を望んでいるのではなく、より役立つ検索結果を望んでいるのだというマーケティングの教科書みたいなことが浮かんできます。
    ワンセグも必要なのかというと疑問で、物珍しさで買われているにすぎないと感じるので、あとはデザインで差別化できるかどうか。むしろ今は各キャリア間のサービス競争がメインではないかと思います。
    海外の出来事ながら、iPhoneがあまりにも、強烈なインパクトがあったので、ちょっとしたスペックの足し算をしたところで、どうしても霞んでしまいますね。もっとコンセプト競争をやって欲しいところです。
    まあこの道はいつか来た道で、余計な機能をつけて、あたかもよくなったというギミックをやっていると、携帯オタクには受けたとしても、普通のユーザからのしっぺ返しがあることは間違いなく、そろそろ黄色の信号が点灯してきているのではないでしょうか。
    2007-10-23 11:53:40
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加