logo

夏を制したソフトバンクモバイル、好調の要因は?

2007年9月10日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月の携帯電話・PHSの契約純増数は、4カ月連続でソフトバンクモバイルが1位となりました。ソフトバンクモバイルの純増数は18万8900件に上り、2位KDDIも15万8500件の純増と堅調。一方でNTTドコモは2万2900件の純減でした。7月、8月は各キャリアともに大々的にキャンペーンを実施しました。「決める夏。」のau、「夏 2.0」のNTTドコモを抑えて躍進を続けるソフトバンク好調の要因は、果たしてどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • コグレマサト
    コグレマサトさん (ブロガー、コンサルタント)
    ぼくはウィルコマーなので、客観的にテレビCMだけを見ていると以下のようなイメージがあります。

    ・ドコモ “2.0”がかえって古い
    ・au ちょっとマンネリ?
    ・ソフトバンク イメージ刷新

    さらにシンプルに「通話定額」というのも、利用者からするとウケがいい(分かりやすい)のではないでしょうか。

    ソフトバンクはボーダフォン時代に停滞してしまったイメージがあったのですが、それが打破されつつあるような印象を持っています。新しくなっている感じが良いのではないでしょうか。
    2007-09-10 09:33:52
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集